野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

多層構造と質の違い

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


グラフ理論 Graph Theory

■ 2010-11-08

■ 点が五つの場合、・・・

■ 完全グラフは三階層で出来る。

この場合、各階層を描く基準、手順などを一定にすると考え易いが、・・・

とりあえず、こんな風にした。

■ 点の数が増えると、階層数も増えるが、・・・

■ 現実のネットワークは、完全グラフになることは少ないかもしれない。

■ つながりとしては完全グラフが理想形だが、・・・


■ 例えば、交通網といっても、鉄道、道路、空路、海路、色々ある。

■ どの移動手段をとるかは、様々だが、・・・

■ つながりとしては基本的には点と線で考えられる。

■ 即ち、ネットワークとして存在する。

■ しかし、質的に異なる。

■ 従って、同一平面上で扱うことの方が無理ともいえる。

■ むしろ、分けて考えた方が現実的だ。

■ 鉄道にしても、新幹線と在来線、

■ あるいは、同じ線路を使う場合でも、特急の停まる駅とそうでない駅、と区別した方が現実的だ。

■ これは、「線」ばかりでなく「点」についても同様で、大都市と田舎町では質的に異なる。

■ また、大都市では地下鉄のように密度の高いネットワークもあれば、海路のように地理的に制約される場合もある。

■ 一番複雑なものとして、完全グラフを考えればよい。

inserted by FC2 system