野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

■ 書と紙

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


書としての美 | 書体 | 書く | 篆刻 | 印、さんずい | 石と刀 | ■ 「遊水」について |  | ■ ことはじめ | 

■ 2011-01-05

■ 紙

■ 後進国への援助で一番重要なのは自立できることだけれど、・・・

■ それは人の力による。

■ ひとりだけでなく、文化として共有する時、立派なものになる。

■ その一つの重要なことは教育であり、記録である。

■ 今、世界で、独自に紙を生産できる国はどの程度なのだろうか、・・・

■ そんなことを、ふと、思った。

日本製紙連合会 製紙産業の現状 世界の中の日本

紙漉き徒然 歴史

・・・ このサイトは内容が濃いような感じだ。まだ、見ていないけれど。

小川和紙ネット:紙漉き農家の生活トップページ

美濃和紙の里会館

■ 紙については、また、そのうち調べてみよう。

■ 日本は、紙を作り、墨を作ったことで、長い歴史を持つことができた。

■ 記録されなければ、歴史にはならない。

■ これは、例えば野鳥の写真にしてもそうだ。

■ 少し、長い目で見ると、記録されることの重要性が分かると思う。

■ まあ、ただの消費で終わることの方が多い。

inserted by FC2 system