野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

■ 韃靼の馬

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


ヒトツバタゴ | ウルルンド | なんじゃもんじゃ

■ 2011-10-12

■ 新聞の切り抜き写真を追加した。

単行本「韃靼の馬」は・・・

宇野亜喜良氏の十葉の挿絵が入っている。

■ ・・・ こんなことも書いてあった。

■ そうか、いいな、・・・

■ 小説も面白かったが、この人の絵は好きだ。

■ 2011-01-08

■ 辻原登著、韃靼の馬、日本経済新聞・朝刊

■ これについて、どこかに書いたような記憶があった。

■ とりあえず、著者について調べるつもりで google してみると、「青い宝石・2」という、どこかで聞いたような題名があり、・・・

■ これって、もしかして、俺、・・・、ということだった。

■ なんだ、この頁に書いたのか。

青い宝石・2  /  2010年01月、後半

辻原登 - Google 検索

・・・、メモとして。そのうち他のも読んでみよう。

辻原登 - Wikipedia 2011-07-19

■ ついでながら、今分かったけれど、・・・

■ 同じ句を、以前も使ったような気がしていたが、・・・

■ 先日、また、使っていた。

■ まあ、いいか、気に入っているのだから。

 

inserted by FC2 system