野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

冬虫夏草

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


ビージー・アデール 『マイ・ピアノ・メモリー』 ダイジェスト映像 - YouTube

■ なんでかな、・・・

ヨースタイン・ゴルデン著、池田香代子訳、「ソフィーの世界−哲学者からの手紙」

■ 実は、手元に、この本が二冊ある。

■ 読もうかな、と思ったが、4cmの分厚さなので、そのままにしていたのだ。

■ そして、先日、「あれ、二冊あったんだっけ」、と、以前も、そんなことを思った、ことを思い出して、・・・

■ また、月日が経って、忘れないうちに、・・・

■ この度、まあ、適当に頁をめくっている、次第だ。

■ しかし、なんでかな、と思う。

1995年6月30日 第1刷発行

1996年4月10日 第65刷発行

■ そんなに面白い本でもないのに、沢山売れたようだ。

■ 10年前は、こんな本が売れる社会状況だったのだろうか。

■ まあ、いい。

「どくとるマンボウ昆虫記」

■ ・・・、を、読んでいて、中ほどで、「冬虫夏草」が出てきたので、・・・

盛口満著、「冬虫夏草を探しに行こう」、日経サイエンス社

冬虫夏草 - Google 検索

■ この本を、ぱらぱら読みしたりして、なかなか進まなかったのだが、

■ いつものように、また、こんな、哲学だか、なんだか分からん本も読み出したものだから、・・・

■ ・・・、「どくとる」は、読み終わりそうで、なかなか終わらない。

■ まあ、いい。

■ 別に読み上げなければならないというものでもない。

■ 昭和43年に6刷が出版された文庫本で、40年も前のこと、いまさらどうこうすることもないのだ。

ファーブル昆虫記 - Google 検索

Souvenirs entomologiques - Google 検索

 

inserted by FC2 system