野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

■ 連想・遊び

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


連想・遊びA

■ 2011-06-23

■ 東京に住んでいた夏目漱石は、若い頃、米が稲の実だとは知らなかったそうな。

■ 稲に接する機会がなかったからだろう。

■ たんぼとか田植え、という言葉を知っていたかどうか、・・・

■ まあ、ある個人がどうであれ、そんなことはどうでもいい。

■ 麦は植物としての麦も、食品としての麦も、小麦大麦等の違いはあるがムギだ。

■ こうしたところに言葉の歴史が隠れているのだろう。

■ 日本語ばかりではない。

■ ビーフ・ステーキを食い、カウ・ボーイの出てくる西部劇を見る人がブル・ドッグということばを使っている。

■ そんなことばに違和感を感じないのだろう。

■ そんなところから、唐突に、OEDを見てみようかな、と思ったわけだ。

■ (・・・、何で?、などと言わないでください。)

■ ・・・、オックス・テイルを食いたいな、などと思ってください。

■ で、・・・

西部劇

man-dom

辞書に当たってみた

Webサイトの翻訳

第一印象

■ この辺りが、連想・遊びになっているというわけだ。

■ Oxford、の、ford、を一応辞書で引くと、・・・

(川)などの、歩いて渡れる場所。浅瀬。

■ ・・・、とある。

■ まあ、そういうことだ。

■ 言葉で表現するモノと人間との関係で言葉は使われるので、その関係が言葉に表れる。

■ 認識の違いだ。また、例えば、助詞、助詞 - Wikipedia

■ その認識がいいかげんで、「てにをは」、が分からないと、例えば、・・・

■ と、ここまで書いて、どこに書いたか忘れたので google してみた。

■ そして、恋人がサンタ << 音楽、・・・ << 音楽、映画 << 野鳥と俳句

■ こんなリンクの奥にあると自分でも捜しきれないのだが、google はすごいですね。的確に1件を 0.11 秒で検索した。

■ ついでに、google してみると、どちらも使っている。

■ 要するに混同しているのだが、どちらでもいいという曖昧さもあることはある。

■ このあたりに日本語の特殊性があるのだが、・・・

■ ついでながら、例えば、英語で複数形を表す「s」、これなどはその言語を使う人たちの抽象認識度を表しているともいえる。

■ 端的にいえば、抽象能力がないのだ。

■ 逆に日本語の場合、また、例えば、主語がなくても分かる伝わるということは、抽象認識能力が高いことを意味する。

■ その歴史的・民族的・抽象認識能力は潜在的に言語に存在している。

■ と、まあ、こんな結論になったが、反論もあるかもしれない。

■ もちろん、歴史的・民族的ということは、必ずしも現代の人を全て包含するわけではない。

恋人がサンタ

inserted by FC2 system