野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

黒い表紙の本

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


■ 2011-09-06

■ ・・・

誕生日 はや一年が 過ぎたのか 変らぬ日々を 過ごし過ごして

・・・ 今日が誕生日という訳ではないが、思いついたので。

手習いの 手を止め しばし ぼんやりと 少しはうまく なったものかと

台風の ようやく過ぎて 濁流の 流れる様を ただ見るばかり

■ さて、・・・

■ 歌 song は聞いてみなければ分からないし、

■ 本は読んでみないと分からない。

■ ただ、本の場合は形があるし、読むこと以外に、被写体にもなる。

■ 内容だけでなく、題名もあるし、表紙カバーの絵や写真もある。

■ カバーの写真は著者が撮ったものではないにしても・・・

■ 人間が、買ってきた服を着るようなもので、それも本の一部だといえば、当然そうなので、・・・

■ だからというか、被写体にして面白いのだ。

■ 人の写真を、裸にして撮らなければならないということではないのと同様に、・・・

■ また、その人が本当はどんな人であるかとは無関係に、被写体になりうるように、・・・

■ 必ずしも、本の内容は関係ない。

■ amazom.co. の説明写真とは違うのだ。

■ 食べ物、飲み物

■ ・・・、このように、黒い表紙の本は、撮り易い。

■ 写真とは面白いものだ。

 

 

inserted by FC2 system