野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

昇華的人生

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


■ 2011-12-04

■ 日経新聞・夕刊・人間発見の欄に、黛まどかの話が何回かあった。

■ そして、昔、樟脳というのがあった。

■ 防虫剤で、箪笥の引き出しなどにいれておく、冬になると、電車の中が・・・

■ そんなことを思い出した。

■ 今では、ナフタリン?・・・

■ それも古いのかもしれないが、・・・

■ 箪笥にゴン、匂わないのが新しい。

■ ちあきなおみ・さん、だな。・・・、これも古いか。

■ そんなことは、まあ、いい。

■ ・・・、と言いながら、ちょっと、見てみよう。

タンスにゴン_ちあきなおみ・ - Google 検索

タンスにゴン_ちあきなおみ - YouTube

・・・ これがけっこう面白い。

■ 学校で教えることは時代が経つと、うそばっか、になるのだけれど、・・・

原子力発電は安全です。

・・・ 現在、電力会社のホームページの子供向けの頁はどうなっているのかなあ。

・・・ 津波直後は、あったけれど、・・・

■ 樟脳のように、初め個体だったものが、気体になる。

■ こんな物理的現象をさして、昇華という。

■ 小学校のとき習ったような、・・・

■ そんな頭だから、・・・

■ 「俳句は人生を昇華する」とは何なんだあ〜

■ 肉体から魂が抜け出て天国にいっちゃうのかな、・・・

■ まあ、津波で多くの人が死んだことだし。

■ 新聞の見出しを見たとき、そんなことを一瞬考えてしまった。

■ 元々、言葉自体に意味があるのではなく、使うから意味があるようになるのだけれど、・・・

■ まあ、いいか、・・・

■ 議論などしてもしょうがない。

■ 辞書的に言えば、「B(人生が)一段と高い状態になる」ということですか。

■ そういう意味で、表現しようとしたということで、・・・

■ それが言葉というものだ。

■ ところで、・・・

和歌は雅よ 俳句は味よ わけて俚歌は 心意気

■ こんな都々逸があった。

■ 味、という、深み、というか、・・・

■ 「人生昇華」とまで言わなくてもよいような。

■ まあ、いいか、・・・

■ 昇華的人生、ですか。

■ がんばれ、ま・ど・か。

■ 月光仮面。

■ 世界に「ただしい」俳句を、・・・

inserted by FC2 system