野鳥と俳句

  野鳥とホームページ

遊水

■ drunken sailor

 

戻る | ホーム | 上へ | 進む


酔っ払い水夫 | エリザベス・テイラー、と、・・・ | 言語風格   / おや、と思った

 2011-12-13

 そのとき、小沢昭一さんの手元に、白川静著「字通」があれば、また、解釈も違ったかもしれないな、・・・

■ でも、辞書っておもしろいね、と言う。

■ そうなんだ、芥川龍之介も辞書を引くばかりでなく、読書していたそうな、・・・

■ そんな話で、この本を取り出した。

■ これも、適当に開いて、そこを読むと面白いんだ。

■ 開いた頁の、右は面白くなさそうだったが、左は、・・・

drunken sailor

■ ふうむ、なるほど、関心あることが幾つかあった。

■ そのひとつは、・・・

次は、大女優エリザベス・テーラーのコメント。

"Noel Coward told me once that my laugh is like a drunken sailor's on leave. ・・・

(劇作家のカワードが一度いったことがあるわ。あたしの笑いは上陸し許可をもらって出てきた酔っ払い水夫のようだって)、・・・ -- TIME '81 Maech 30

■ ・・・

@ エリザベス・テーラーの笑いとはどんな笑いだったのか。

・・・ これもおもしろそうだけれど、その前に、

A once ・・・ 一度??

■ 英語はそんなに得意じゃない。

■ しかし、「一度」、という日本語は変だなと、まず、思う。

■ こんな場合は、・・・

いつだったか、劇作家のカワードがいってたわ、とか、・・・

以前、劇作家のカワードがいったけど

■ こんなふうに表現する。

■ 要するに、「一度」ではなく ・・・

once upon a time の once ではないのかな。

--- some time in the past こういうことでしょ。

■ 度々言われたことではなく、一度しか言われなかったかもしれないけれど、

■ 今昔物語ほどではないにしても、「いまはむかし」、の話ということだろう。

■ おそらく、若いころで、あるいは、カワードが脚本を書いた映画の一場面かもしれないな。

■ あとで当ったみよう。

■ 他にも、関心事はあった。

B drunken sailor

酔っ払い水夫。18世紀初め、アメリカの海運業が発達の緒に就いた頃流行したマドロスの愉快な唄で、歌詞も楽譜も残っている。・・・

■ 18世紀というと、あの「sailor」ではないだろうけど、どんな歌かな。

■ 先日、「水夫」の歌を聴いたので、そんな気がした。

■ そして、この一項目だけでも、色々面白そうなことはある。

■ そのうちまた、・・・


■ 分厚い本だから、これ一冊で、何年だって遊べるというものだ。

■ 上にあげた写真は自分が撮ったもので、こういう撮り方も面白いかな、と思う。

inserted by FC2 system